日活映画 小西巡査  http://www.nikkatsu.com/movie/11840.html

噫小西巡査 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%99%AB%E5%B0%8F%E8%A5%BF%E5%B7%A1%E6%9F%BB

 

故 小西巡査部長 顕彰会

(発起のご挨拶)                           平成29年11月11日

この会は、大正期の警察官で、現 湯浅警察署管内で発生した 強盗事件の検挙中に殉職した 
小西栄次郎巡査 (殉職により巡査部長に昇格) の勇気と行動 を語り継ぐ会です。

 小西巡査の勇気ある行動は、当時映画化までされました。

『噫(ああ)小西巡査』と題名された 無声(サイレント)・長編劇映画は、大正11年に放映されました。

小西巡査は、和歌山県の警察官であり、事件が発生した当時は、有田郡内で巡査として勤務していました。

大正中期 旧清水町で、拳銃を持った強盗が呉服屋に押し入ったとの通報を受けた小西巡査は一人で駆け付け、
その強盗と格闘の最中に、強盗の拳銃に撃たれ、ほぼ即死状態で倒れました。

彼は、自分の命と引き換えに、村人を守りました。今だと、拳銃を持った強盗が押し入ったと通報が入れば、
防弾服に盾の重装備の上で、事件現場に臨みますが、当時は通信もままならない中で、
応援を待っていられないと考えて、村人の命が第一と
一人で現場臨場したのだと思います。

そんな彼の偉業を称えるために、当時の村人達が、後々の世にまで伝え継ぐための石碑を、
大正11年8月16日建立したのです。今でも
二川ダムの上流国道480号線沿いに、
ひっそりとたたずんで、私たちを見守っています。

数年前までは、その大きな石碑のそばに、住んでいる方が供養や掃除等のお世話をしていました。
その方も高齢となり世話が出来なくなり、荒れ果てた状態となっています。

先般、湯浅警察署の幹部の方が、草が生い茂る石碑を掃除し供養をしました。
誰かが、語り伝えなくては、小西巡査の偉業も、先人の思いの詰まった石碑も、
忘れられてしまう危機感に襲われました。

そこで世話人となり、引き続き、石碑の清掃と供養をして、語り継いでまいりたいと思います。
この考えに、少しでもご賛同された方は、ぜひ故 小西巡査部長の勇気と行動を語り継ぐためにもに 
顕彰会にご入会下さい。

発起人・世話人代表   FMマザーシップ   代表取締役社長   坂口 

    副世話人  一般社団法人 DNA蘇生理化学研究所 理事   高垣 博

小西巡査の石碑